お風呂で簡単にできます

1ヶ月続ければ冷え性の悩みはなくなる

私は昔からの「冷え性」で夏の季節は良いとしても、秋から春にかけて、ずっと寒く、足は特に冷たいのです。お風呂で半身浴をして暖めても、1時間もしないうちにすぐに足が冷たくなって困っていたのですが、雑誌でちょっとしたお風呂の入り方のコツの記事を読んで、試したところとても効果がありました。

それはお風呂からあがる前に「水をかぶる」ことなのです。暖まった血管を冷やすことで広がった血管が縮み、体がそこへ血液を送り込もうとするので、冷水をかけた部分の体温が上昇するのだそうです。 せっかく暖まった体に水をかけるのは、最初はとても抵抗がありました。でも騙されたと思って、膝から下の足に冷たいシャワーをかけてみました。体が暖まった後なので、余計に冷たく感じます。少し我慢して20秒ぐらいかけてみました。

お風呂から出たばかりのときは、足だけ冷たいのですが、だんだんポカポカしてきました。「これは良い方法かもしれない!」と思って、翌日はもっと冷やしてみたのです。雑誌には「冷たくなるぐらいガンガン冷やしたほうが効果的」とありましたので、だんだん水シャワーの時間を長くして、我慢できるところまでガンガン冷やしてからお風呂をあがるようにしました。

毎日続けてみたのですが、やはり冷やせば冷やすほど、足先の温度が高くなっているのです。そのポカポカ感はずっと続き、寝るときまでずっと足がポカポカしているのです。これには本当に驚きました。何をやっても足が冷たいままだったのですが、まさか水をかけるなんて思いもしませんでした。

本当は頭から水をかぶったほうが良いそうなのですが、さすがにそれは勇気がないので、しばらくは足に水シャワーをかける方法で、冷え性と戦ってみます。