1週間で効果がある冷え性対策

体をあたためて新陳代謝をあげる

体を暖めることは、美容にとっても健康にとっても良いそうなんです。例えば体の体温が1度上がるだけで、血液の流れが良くなり、白血球も増えて健康によいことはもちろん、新陳代謝がきれいに行われるようになるので、美容にも良いのだそうです。

体を暖める方法としては、まず冷たい飲み物はなるべく飲まない。 確かに冷たい飲み物を飲むと、体が冷えますよね。私も夏場は暑いので、冷たい飲み物をよく飲んでいましたが、これをスッパリやめて、夏でも暖かい飲み物を飲むようにしていました。「暑いときは暑い飲み物が良い」なんて、誰が言ったのでしょうね。ちっともサッパリしません!むしろ暑くて余計に汗がでてきました。

でも数日後、不思議なことが起きました。 ある朝、目覚めたら肌がしっとりしているんです。しかも少し肌色が白くなったような気がするんです。そして頬がキュッと上に持ち上がっているような気がします。あくまでも「気のせい」だと思っていたのですが、やっぱり気のせいじゃありませんでした。会社の同僚にも「なんかお肌、調子良いんじゃない?キメがきれいになった感じがする」って言われたのです。

特別な食べ物やスキンケアは何もしていないし、これって体温を上げた効果?いや、絶対にそうに決まっています。 さっそく調子に乗った私は、もっともっと体温を上げちゃおうと、体を暖める方法を調べたら夏場でも「腹巻き」が良いとのことでした。夏に腹巻きは暑すぎるんですよね〜。でも寝るときだけ腹巻きを着用してみたら、翌朝、じんわり汗をかいていましたが、肌はさらにしっとりしていました。

そして一番実感したのが便秘解消です。お腹を暖めたせいで、腸が活発になったのか、便通が良くなったんです。 体を暖めるようになってから、良いことづくめなので、これからも体温だけは気をつけて過ごしたいと思いました。